インプラント

歯を失って悩んでいませんか?

歯を失うと、ブリッジや入れ歯が一般的な治療法として行われています。

ブリッジにしたけれど

・ブリッジを作るために健康な歯を削られてしまう・・・
・ブリッジを支えている歯が痛んでしまい、結局抜くことになってしまった・・・
・健康な歯とブリッジの見た目が違って見える

部分入れ歯にしたけれど

・銀色のバネが見えて恥ずかしい
・口臭が気になる

総入れ歯にしたけれど

・ガタガタして、硬いものが噛めない
・食事の際、入れ歯と歯茎の間に食べ物が入り込む
・歯茎がやせてきたので、作り直さないといけない・・・

デジタルインプラントとは

デジタルインプラントとは

人工歯根を使います。
この治療ではあごの骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、アバットメント(支台)を接続し、その上に人工の歯冠を被せます。
見た目も自然で、入れ歯などとは違い、違和感なく噛むことができます。
インプラントは、生体組織に適応しやすいチタン製です。
短時間の外科手術(局部麻酔下)であごの常に埋め込まれたインプラントは、その後、周囲の骨と結合し、強固な土台となります。

インプラントの手術の様子を映像でご覧いただけます

詳細はこちら

天然歯とほとんど変わらない機能と外観を回復する「第三の歯ーインプラント(人工歯根)」

ご質問にお答えします(FAQ)

詳細はこちら